2016年02月16日

海外語学研修報告会

語学研修1.jpg

< 海外語学研修に参加した8名 >


 2月12日(金)の午後6時30分から本校会議室で「海外語学研修報告会」が開催されました。

語学研修に参加した8名の生徒達が2名ずつ4グループになって、フィリピンの国のこと、英語を学んだフィリピン大学のこと、お世話になったNGOのLOOBでの体験学習のこと、ホームステイのことについて発表がありました。

発表はとてもよかったのですが、生徒一人ひとりの感想などをもう少し聴きたかったので、1分間スピーチをお願いしました。

すると、
「フィリピンの食べ物が食べられなくて大変だったけれど、ホームステイ先の家族の人たちが、少しでも何か食べられるようにと一生懸命対応してくれて嬉しかった」

「日本のようなきれいな水ではなくて苦労したが、水の大切さを感じることができた」

「今まで自分からあまり積極的に物事に取り組めなかったけれど、少しできるようになった」

「フィリピンでお世話になった人々に感謝すると同時に、日本でこうして生活できていることに感謝したい」

というような発言がありました。

生徒達は、フィリピンでの生活で様々なカルチャーショックを体験し、心身ともに大変な思いもしたことでしょう。

そのような中で、「英語を学ぶ」ということだけでなくフィリピンの人々から、日本ではあるいは学校では学ぶことのできない「大切なこと」を学んできてくれたと感じました。

そして、「もう一度フィリピンに行きたい」という言葉を聞いてとても嬉しく思いました。

これからの学校生活や人生において、語学研修での経験が生かされることを期待しています。
posted by みんなの壷 at 11:29| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。