2015年05月11日

母の日

あ.png


 今年は4月が例年になく温かく、連休中に桜があっという間に咲きそして散ってしまいました。

桜の見頃を逃して少し残念に思っていましたが、次にチューリップが満開になり、玄関前のマリア像もきれいな花に囲まれています。

昨日10日は母の日でした。

多くの人々がお母さんにいろいろな形で感謝の気持ちを表したことでしょう。

カトリック教会で毎月配布されている「心のともしび」というパンフレットに“「生まれさせてくれて」ありがとう”というコラムが掲載されていました。

これは小学2年生の少年が、母親に心の底から述べた感謝の言葉です。

自分の生まれた時のことや家族への思いを綴るという学校の宿題の冒頭に書いた言葉で、母親は「生んでくれてじゃないの」と聞いたそうです。

少年は「生んでくれたことだけでなく、おなかの中にいた頃からずっとお世話してくれたこともあるのだ」とユニークな返事をし、さらに「もっと言うとパパがママと結婚しなかったらこの世にいなかったことも入っている」と言ったのです。

母親は息子さんのこの言葉に感激し「母として最高のプレゼントをもらった」と述懐していたそうです。

このコラムを読んで、私もとても感激し、またこのように感謝の気持ちを表すことができたらと思いました。

カトリック教会では、5月は聖母の月として特にお祈りを捧げます。

母の日の1日だけでなく、5月の1ヶ月間ずっと母親に感謝して過ごしたいと思います。

い.png


posted by みんなの壷 at 10:22| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。