2015年04月01日

2015年度始まる

a.jpg


 暴風雪に悩まされた長い冬も終わり、雪解けが一気に進みました。

私の自宅の傍で“ふきのとう”が伸び始めているのを見つけました。

東京では桜が満開とのことですが、北見にもようやく春の訪れが感じられるようになりました。


 今日、2015年度がスタートしました。

朝礼の時に、4月から勤務いただく数学科と家庭科の先生をご紹介し、ご挨拶をいただきました。

事務にも2名の臨時事務職員の方が加わりました。

新年度の始まりにあたり、改めて今年の教育活動のキャッチフレーズを述べました。
それは「学校は、心だ。」です。

カトリックのミッションスクールである本校の教育理念の一つは、キリストの愛の精神に基づき「心を育てる」ことです。

ひとりひとりをかけがえのない存在として、ひとりひとりに心をくばり大切に育てる。

生徒たちが安心して学校生活を送ることができるように教職員が生徒たちの心に寄り添い、支えていく。

そのことを先生方と確認しました。


 来週はいよいよ始業式、入学式で、生徒が登校してきます。

生徒と保護者の皆さんに満足していただける1年にするべく昨年以上に努力する所存です。


 どうぞたくさん方々のご協力とご支援をお願いいたします。


kanban.jpg
posted by みんなの壷 at 15:23| 日記 | 更新情報をチェックする